海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「超」独学法を読みました

<<   作成日時 : 2018/07/03 21:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


私にとって、ある意味でカリスマ的な
存在である、野口悠紀雄先生の新しく出た
新書であります。
珍しく定価で本屋さんで購入しました。
まあ、野口先生へのお布施みたいなものです(笑)

【「超」独学法】というタイトルどおり、
自分ひとりで勉強する為の考え方や
ノウハウが満載であり、いつもの
野口節が満ち溢れております。
過去の使いまわしっぽいネタとかも
多いですが、イヤな気分には
なりません。

やっぱり、私自身が野口先生が好きな
理由として、あくまでも自分の経験に
基づく考え方に筋が通っている事と、
その考え方が時代にそぐわなくなったら
「以前はこうだったが、今現在はこうだ」と
素直に自分の考え方を修正し、それを
隠す事なく公表するところですね。
よく、「○○は最強だ!」とか「△△なんて
ダメだ!」なんて感じの刺激的なタイトルを
つけた低レベルな新書って多いではないですか。
そんな本に限って、時代にそぐわなくなってきたら
過去の発言を無視して、また新しく
「○○は最強!!」みたいに言ったり
しますからね(笑)

野口先生といえば、「超整理法」が一番有名です。
世間的には「バブル経済」という言葉の
名付け親というのが一般的かも。
「分類などせず時系列ごとに格納する」というのが
「超整理法」の肝の部分でしたが、その後に
野口先生は自らその考えを修正します。
時代がパソコン社会になり、そのハードディスクが
巨大になった事で、「時系列などでくくる必要はなく
なんでも放り込む事。あとは検索能力を高めるべし」。

ITの進化は止まる事なく、ハードディスクという
概念も過去のものであり、必要なものは全て
クラウド上に放り込む、なんていうのが今現在であり、
その考え方もいずれ変わっていくのかもしれません。

本の内容に関しては非常に面白いです。
とくに英語の勉強に関しては自論オンパレード(笑)
とにかく英語は聞く練習をしろ!という事。
あんまり喋れなくても相手が喋ってる事が多少解れば
なんとかなる、と(笑)
最も簡単な語学練習は「文章の丸暗記」しかない、との事。
英会話スクールとかは、挨拶の練習にはいいが
ビジネスで英語を使うなら、とにかく独学しかないそうです。
そんな野口先生でも、「英語を書くのは難しい」そうです。
これは英語に限らず日本語も同じかもしれませんね。

私が野口先生の本を読むと、何かしら
感化されるわけでして、今現在はなんか
「独学したい!」という学習熱にとりつかれて
おります(笑)
仕事もピークが過ぎ、あと1ヶ月ほどで楽になるから
何かしら独学しようかな、なんて思ってます(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

不勉強なワタシは野口先生の本を読んだことがありません。
ですが、この紹介記事を読むと俄然興味がわいてきました。海さんは紹介記事がうまいですよね、本当にその本を読みたくなります。
英語は聞くほうが大切、というのも大いに得心が行く点ですね。確かに相手の言うことが分からないのでは、いくらネイティブみたいにしゃべることができても意味がありませんから。
最近の日本はやたら情報発信とか主張ばかり強調しますが、まずは傾聴が大切ですよねー。

アメリカ人「大使館を探しているのですが、ご存知ですか?」
日本人「ロスにいるとき、いつもスターバックスで一緒に勉強したガールフレンドのことを思い出します」
アメリカ人「大使館を知りませんか?」
日本人「ニューヨークでMBAを取得しました、これから社長や役員にプレゼンするのです」
アメリカ人「もういい!」
日本人「プレゼンが終わったら、ガールフレンドがロスから遊びに来るのでデートをします」

例文を書くだけで頭がおかしくなりそう…。
(^_^;


おなら出ちゃっ太
2018/07/04 18:43
出ちゃっ太さん、どうもです。
「例文」というのは、なんで
堅苦しいものばかりなんですかね?
ロスから遊びに来るガールフレンドとの
会話を習うほうが面白いし、
頭にも入りそうですね(笑)
外国語の習得には、その国のガールフレンドを
作ればいい、なんて話もありますね(笑)
相手の言ってる事をなんとなく
理解し、とりあえずニコニコする。
相手が悲しそうだったら、自分も
悲しそうにする、なんて感じで
なんとかやっていけそうです(笑)

2018/07/04 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「超」独学法を読みました 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる