海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS なんで俺がこんなに持たなければいけないのか?

<<   作成日時 : 2018/07/02 22:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


なんか、よくあるマンガのような
タイトルですな(笑)

昔から好きなカードのひとつに
ワンドの10があります。
見てのとおり、たくさんの棒を持たされてるというか
運ばされてるというか。

見方によって、いろんな解釈ができますね。
上司から大量の仕事を丸投げされて
クタクタになってるか、それとも
誰もが嫌がる仕事をあえて自ら手を挙げて
仕事をとってきたのか。

運び方というか棒の持ち方も興味深い。
これも解釈はまちまちでして、
束ねて1本の太い棒にして運べば楽なのに
かえって持ちづらくしてます。
仕事の段取りがよくないのか、それとも
あえて目立つ方法をとって、「俺って働いてるでしょ?」
なんて自己アピールだったり(笑)

カード本来の意味や解釈だけでなく
見た目から連想できたり周辺のカードとの
関係で、解釈が無限に広がるのが
タロットカードの面白さです。
最近は、占いよりもカードをランダムに
2〜3枚引いて、絵柄から連想される
物語作りなどして遊んでます(暇人だな〜)

画像


シェルダン・ダグラスの場合は
10本まとめてドン!といった感じ(笑)
ゴチャゴチャ言わず、こうすりゃいいんだよ!
なんて声が聞こえてきそうです(笑)

画像


アクエリアンタロットは何度見ても
美しいですね。
背中が語ってるというか、悲壮感に
溢れてます(笑)

画像


やる気のあるカードと、ないカードの
落差が激しいディム・ダーシーですが
これは素晴らしい。
完璧といってもいいぐらいの完成度です。

画像


ラストはいつものニコレッタ・チェッコリです。
なんかゴチャゴチャ置かれてますね。

画像


小さく描かれたこいつが
不気味さに拍車をかけております(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。私もSheridan Douglas Tarotを愛用しています。
有名なデッキなので多くの人が触れていますが、こちらのサイトほどボリューム(回数)を割き語りつづけているのは、おそらく国内で唯一無二ではないかと感心して読みふけっています。
遙か昔のその昔、木星王の書籍で知りあこがれつづけ、復刻されたのを機に購入し(箱にDouglasのサインが入っていました)、本人の解説書を片手に遊んでいます。
彼の解説書はユング思想をベースにしているためか、やや難解(こじつけっぽい?)なので、最期は自己流で解釈してしまうのですが……。
Douglas本人はオカルト色が強いというか、ニューエイジ系の人のようですが、コミック作家Sheridanのイラストがポップなお陰で、一般人も気軽に愉しめるところが、このデッキの魅力だと感じています。
「人気のないカテゴリ」とお書きになっていましたが、私のような潜伏ファンも少ないないのではと思っています。どうかこれからも楽しい話題を書き綴ってください。

余談ですが、巷ではGRDの後継機が出るらしいとの風説が流れていますね。オフィシャルブログの再開もその予兆でしょうか。

長くなりました、すみません。
bakanafish
2018/07/05 16:54
少ないない → 少なくない
kakanafish
2018/07/05 16:56
bakanafishさん、
kakanafishさん、どうもです。
コメントありがとうございます。
いや〜、嬉しいです!
タロットはマイナーなカテゴリーですが
このようなお言葉をいただくと、
記事作ってて、本当に良かったな、
なんて思います。
それにしてもサイン入りなんて凄い!
羨ましいです(笑)
GRDの件、趣味が非常に
かぶりますね(笑)
秋ごろ発売なんて噂もありますが
どうでしょうか?
買うか買わないかは別として
GRが存続するというの嬉しいですね。
くだらない内容の記事ばかりですが、
これからもよろしくお願いします!

2018/07/05 21:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なんで俺がこんなに持たなければいけないのか? 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる