海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS mamanmiyukiタロットを選んだ理由

<<   作成日時 : 2018/07/11 22:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


前回は、まずは取り急ぎという事で
マルセイユ系である、mamannmiyukiタロットを
紹介しましたが、今回は、数多く存在する
マルセイユ系タロットの中で、なぜ
mamannmiyukiタロットを選んだかについて
記事にいたします。

まず私自身、今までウェイト系のタロットカードしか
持っていませんでした。
本家のウェイト版を筆頭に、ウェイトに準じている、
アクエリアンタロット、ディム・ダーシー・マーメイド・
タロット、そして私のメインデッキである、
シェルダン・ダグラス版です。
その中でシェルダン・ダグラスは独自の流れでして
一部マルセイユ系の匂いも感じますが、
大筋ではやはりウェイト系です。
小アルカナがウェイトの流れで作られていますからね。

異色なのはニコレッタ・チェッコリで、
これはウェイト系でもマルセイユ系でもなく
完全なオリジナルで、これを占いに使うのは
私のレベルでは無理(笑)
完全に観賞用です。

そんな中で、1つぐらいマルセイユ系のタロットカードを
持っててもいいかな?なんて思ってました。
また、私は占いというより鑑賞がメインです。
たまに占う時でも気軽な3枚引きで明日の運勢を
簡単に占うぐらいのレベルです。
その時は必ずシェルダン・ダグラス版を使ってます。
他のデッキでは本家ウェイト版は例外として
一度も占いに使った事がありません。

そんなわけで、1つぐらい持っててもいいかな?なんて
思い始めたマルセイユ系タロットは、純粋に
占いについて使ってみようかな?なんて
思っていたのです。

では数多くあるマルセイユ系のデッキの中で
mamannmiyukiタロットにした理由は
多くの方から絶賛されていたからです。
口コミというのは凄いですな(笑)
そして実用される事を前提としているので
紙質が非常に良い、との事。

画像


現存する最も古いタロットカードで
スイス国立博物館に保存されていた
1709年の『ピエール・マドニエ版タロット』
というものがあります。
もちろん現代に復刻され販売もされてます。
そのピエール・マドニエ版をベースに
占師であるmamanmiyukiさんが全て
手書きで作成されたものなのです。

オリジナルの良さは残しつつ、
「顔の表情」だったり、「身体のライン」だったり
細部に渡って修正を重ねた逸品なのです。

また、小さなミニサイズというのもポイント。
通常は、まずはスタンダードサイズという
ものがあり、そこから派生してミニサイズとか
作られたりしますが、mamanmiyukiタロットに
関しては、最初からミニサイズがオリジナルです。
小さいサイズで1つぐらい欲しかった私の
好みに、うまく合致したわけです。
ミニサイズから派生したスタンダードサイズの
ものも販売してるようですが、まずは
オリジナルのミニサイズにしました。



mamanmiyukiさん御本人です。
苦労を重ね、作成された自慢の作品であります。
御本人の喋り方などから受ける印象も
このタロットカードとうまくマッチしてますね。
聴きやすい声なので、関連動画はよく観てます

関係ない話ですが、動画観てて思うのが
「声」というのは重要です。
これはマイクの性能とかとも関係する事ですが
大きな声ではっきり聴きやすいと
動画を観るけど、そうでない場合は
いくら興味のある対象でも観る気が起きません。
これは私の娘も同じで、子供向けのおもちゃ紹介
動画を一緒に観てる時も、
「この人の声が聴きづらいからイヤだ」なんて
すぐに他の動画に替えてしまいます(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
mamanmiyukiタロットを選んだ理由 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる