海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「うれしい悲鳴をあげてくれ」という本の紹介です

<<   作成日時 : 2018/01/21 18:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


著者は、いしわたり淳治さんです。

ブックオフにて108円で見つけたんですが
最初、著者名を見て、なんか見覚えが・・・、
なんて感じだったのですが、思い出せず、
「まあ、面白そうだから読んでみるか」なんて感じで
購入して帰宅したのですが、よくよく見てみると、
いしわたり淳治さんは、今現在は解散している、
伝説のバンド、「スーパーカー」のギターと
作詞を担当されていた方でして、驚きました。

私はスーパーカーは非常に好きなんですが
楽曲メインであり、個々のバンドメンバーに
ついては特に興味がなかったのです(笑)

この本は、ロッキング・オンで連載していた
エッセイ、ショートショートをまとめたもので
荒削りながらも、どれも磨けばダイヤモンドの
ように輝くような作品ばかりです。
これらをネタにして、たくさんの映画やドラマ、
長編小説が作れてしまうような感じです。

いしわたり淳治さんは、スーパーカーの
楽曲の全て(おそらく)の作詞をされてて、
私自身は、スーパーカーの魅力は楽曲と
並ぶぐらい詩も好きなので、「凄いな〜」
なんて感心しまくりました。

私は以前から作詞家というものを非常に
尊敬しておりました。
極論ですが、私でも作曲はできます。
もちろん、メロディーがどうこうは抜きにして、
曲を作ろうと思えば10曲でも20曲でも
作る自信があります。
ただし、作詞は別物。
何を書けばいいのか想像がつきません。
例えば曲が完成していて、そのメロディーに
あうような「詩」を作るなんて、考えられません。

まあ、しいてあげれば、まず曲があって、
唄う人はこういう人で、恋愛をテーマにしてて、
その恋愛は始まったばかりで、季節は春で
曲のイメージカラーはイエローで、果物の
レモンという単語を必ず歌詞の中に入れて、
できればタイトルにもレモンという単語を
入れて、みたいに先方からいくつも
キーワードを指定していただければ
何かしら作れそうですが(笑)

とにかく作詞というのは私にとって非常に
ハードルが高いです。



スーパーカーの代表曲である、
「Lucky」ですが、こんな歌詞は
考えつきません。


Lucky

作曲:中村弘二
作詞:石渡淳治

「あたし、もう今じゃあ、
あなたに会えるのも夢の中だけ…。
たぶん涙に変わるのが遅すぎたのね。」

みつかりにくいのは傷つけあうからで――

最近はそんな恋のどこがいいかなんて
わからなくなるの。
それでもいつか、少しの私らしさとか
やさしさだけが残ればまだラッキーなのにね。

「今はどうしても言葉につまるからー
ヒキョウなだけでしょう?
それで、大人になれるならつらいだけだよ…。」

傷つけ合う前にうちあけられるかな――

内心はこんな僕のどこが
いいかなんてわからないんだけど、
それでも僕に少しの男らしさとか
広い心が戻ればまだラッキーなのにね。


この曲の出だしが全てですな。
凄いものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本のカバー写真を見て「よわよわカメラウーマン日記」を思い出しました。思い出してアクセスしてみたのですが、最終更新が2011年…。
おなら出ちゃっ太
URL
2018/01/21 19:46
出ちゃっ太さん、どうもです。
いや〜、さすがですね!
この表紙の写真は、まさに
よわよわウーマンの林ナツミさん
だったと思います。
飛ぶというか浮遊(?)するような
写真で有名ですよね。
私の早速サイト覗いてみたら
たしかに止まってますな(笑)

2018/01/21 20:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「うれしい悲鳴をあげてくれ」という本の紹介です 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる