海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「自作の小屋で暮らそう」という本の紹介です

<<   作成日時 : 2017/03/27 21:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


著者は高村友也さんです。
高村さんはBライフという究極のシンプルライフの
提唱者であり実践者です。
高村さんの影響を受けて、山奥に小屋を建てたり
なんかする人が続出しまして、その分野では
第一人者といった感じです。

私は以前、「スモールハウス」という高村さんの
本を読んでまして、少し極端すぎる内容に
首をひねる部分もあったのですが、
この「自作の小屋で暮らそう」が正真正銘の
処女作です(それを文庫化したもの)。
やはり処女作こそ、著者の思いが一番反映
されてるだろうと思い、私にしては珍しく
新刊で購入しました。
まあ、ブックオフで購入しておいて、中身に文句を
つけるのは仁義に反してると思ったのです。
身銭を切れば、書きたい事が書けると
思ったので(笑)

本自体は非常に面白かったです。
高村さんのブログで記事にされてる事と
多くがかぶってますが、あらためて活字として
読んでみると、気づかされる事が多いですね。

「スモールハウス」の時は、少し押しつけがましい
というか、「デカい家なんか住んじゃダメだよ」
なんて感じで、かなり自己主張がきつく、
「そんなの独身だから好きな事言えるんだよ。
家族持ちじゃ無理だよ」なんて反論したくも
なりましたが、この本では、非常に控えめなんです。

「納税含めた社会貢献を極力せず、それでいて
行政サービスを最大限利用するなんて!!」なんていう
もっともな意見に対しても、「スイマセン。そのとうりです」
みたいに素直なんですよ(笑)

私は実際カミさん、娘がおり、埼玉にマンションを
所有し、毎日東京まで45分ぐらいかけて通勤してるので
さすがにこのような生活を真似しようとしても
真似できませんが、その考え方というものは
おおいに取り入れたいと思います。
学ぶべき点は非常に多いですね。

それと高村さんの考え方の根底にあるものとして
「きちんとルールを守る」というものがあります。
ようは法律を遵守するという事。
排水とか糞尿の処理など、かなり神経質になって
様々な事をされていますが、ようはどんな些細な
事でも、後ろめたい事は何一つせず、ルールを
守るからこそ、当然の権利として行政サービスを
最大限受けるわけです。
ルールも守らずに、騒ぎ立てるような連中が多い
世の中で、高村さんの考え方には共感いたしました。

それと、この本読んでて思ったのが、
「最悪でもなんとか生きていける」というもの。
そういうヒントが満載で、ある意味、勇気付けられる
ところがありました。

山(?)の小屋暮らしというかBライフ的な生き方は
憧れるところはあるけど、自分には難しいな、なんて
思うところとして、「入浴」というものがあります。
高村さん自身、それほど入浴にこだわりがなく、
週に1回程度、温泉に行くぐらいで充分だそうです。
もちろん、濡れたタオルなどで毎日身体は拭くそうですが。
このあたりは個人差があるので、なんともいえませんが
やはり毎日シャワーは浴びたいですね。

それと高村さんの住まいは、結構寒い地域にあるそうなので
ゴキブリやムカデなどの害虫の影響は、ほとんどない
ようですが、虫という侵入者は当然あるわけでして、
基本的に虫が嫌いな私としては、小屋暮らしは
できそうにないですね。それはアウトドアキャンプ
とかもそうですが、ようは自然の中で虫がいるのは
構わないけど、自分の寝床というか生活してる場所には
虫はきてほしくないのです(笑)

昔、沢木耕太郎の「深夜特急」を読んで、多くの若者が
海外へ放浪の旅に出ましたが、今の世の中だと
高村さんの本を読んで、みんなBライフといった
感じなのかもしれません(笑)
さすがに私の年齢(それと家族持ち)では無理だけど
若く独身者なら、おおいに影響を与えそうな
一冊であります。
実践できなくても、「憧れ」で読むだけでも面白いですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今ある生活様式を激変させることってそうそうできないからこそ、一部でも取り入れられそうな距離感の本っていいですよね。
紹介された本の帯にある高坂勝(ダウンシフターズ)さんの書いた「減速して自由に生きる」という本も、まさにこれ。とても面白いですよー。
しよこ
2017/03/28 01:19
しよこさん、どうもです。
そうですね。どっぷり浸かると
リスクが高すぎですが、つかず
離れずというか、いつでも引き返す事が
できるぐらいの距離感というのが
いいんですよね。いわゆる傍観者(笑)
それにしても、あなたはよく本を
読んでますね。高坂さんの本、
早速チェックしてみます!

2017/03/28 20:38
いくら「寒い地域」とは言っても、ムカデとかハチとか夏はいますけどね〜。
元々、あまり気にならない人なんでしょうね。

オイラなら、ムカデよりも蚊がイヤです!!


おなら出ちゃっ太
URL
2017/03/28 23:38
出ちゃっ太さん、どうもです。
そうですね。まず前提として
例えばゴキブリが家の中に出たとして、
その後に見失った場合、まあそのうち
出てくるだろう、って思えるか
探して殺さなければ寝れないって
焦るかの2種類に分かれますね。
私は間違いなく後者です(笑)
蚊もイヤですね〜。
とくにヤブ蚊(シマシマの)は
大嫌いです!

2017/03/30 00:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「自作の小屋で暮らそう」という本の紹介です 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる